1. この夏、少々腑抜けとなった。年明けに届いた骨髄バンクの封…
  2. 娘が24歳の誕生日を迎えた。コロナで思うように出か…
  3. 「言葉は人の心をあたためるためにある」 これは、大正から昭…
  4. 梅の季節が終わってしまった。 梅は私の憧れの花である。 …
  5. この場所を初めて知ったのは、確か高校1年生のときだった。あ…
  6. ずっとずっと心の底に沈めていたことがあった。怒りという感…
  7. 人は未来を想像するとき幸せな自分を想像する。 ふと、…
  8. 確かなものがなにひとつなくったって歩きださなきゃいけないと…
  9. 「あなたを愛している」 より 「あなたは私の大切な人」 …
  10. 今、がん患者さんと精神腫瘍科医の対話をまとめた本を執筆中です…